FC2ブログ
キーワードは、バイク、犬、飲みは日ノ出町。たまに新橋出没。
最近、バイク仲間とツーリングよりも飲み会が多くなってきたため『朝バイクは気持ち良い!!』改め『夜宴は楽しい!!』にするか迷ってます。
ブログ更新・・・(2013.02.17)
2006年からブログを始めて最低の更新回数になりそうです。
このままでは2月掲載のブログは1件のみ・・・

緊急企画です(笑)



いつもの南本牧にて。


イケメンのエレキ強化として、CBRの時にも行なっていたソーラー発電用のアダプタを装着し、車庫でソーラーパワーで充電をしております。

あれれ!
よく分かりませんねぇ。
シートの下からひょろっと出ているのが、ソーラー発電と接続するコードです。
だから何?って感じですね。
20130217_03.jpg


ふと、道路の向かいの貨物用の線路に目をやると、線路が一部撤去されておりました。
道を渡って確認します。
撤去中なのでしょうか。
もう、ここを貨物車両が走ることはないのですね。
20130217_00.jpg


ネタと言えば、そろそろ車を変えようかと検討してます。
欲しい車がないのが目下の悩み。
自宅の駐車場にはイケメンが鎮座しているので、車の長さは4300㎜までと制約があり、車種選定が限られてしまうのです。
車庫に納まる車の一例ですが、国産ならBRZ、アクア、外車ならザ・ビートル。
今回は個性を求めようかと考えております。
が、
ディーラーに行くのが面倒だったりします。
購入するなら営業の方と値引きの駆け引きしなくてはいけませんしね。

車つながりです。
久々に車に乗りました。
津久井湖を周遊して、城山湖に来ました。
城山湖は、夜間に津久井湖はより水をくみ上げ、昼間に津久井湖に放流して発電していると解説がありました。
20130223_00.jpg
駐車場でマッタリしながらバイクの雑誌をパラパラと捲りながら見てました。


なんか、強引にブログを更新した感が否めませんね。

今週末は3月なんですね。
暖かくなったら、思い切り走りましょう!

そう、スタートダッシュはアクセルをワイドオープンにして、他車を引き離しましょう。


1日1回クリックをお願いします!!
     ↓

スポンサーサイト



テーマ:今日のブログ - ジャンル:ブログ

隼 ユーザー車検(2013.01.30)
いつもの川崎で通算3回目となるユーザー車検を受けて参りました。
今回も午後一番の第3ラウンド目に予約を入れました。

持参するものは
・自賠責保険の更新
・軽自動車税納税証明書
・自動車検査証
・定期点検整備記録簿

久々なので少々ドキドキしてます。
手前の建物で二輪継続検査書類(3枚)を購入します。
次に、右の窓口に移動して重量税と検査費の印紙を購入します。
印紙は先ほど購入した書類に貼ります。
続いて、奥の建物に移動して自動車税の納付書を提示して、自動車税がしっかり継続的納付されているかを確認します。
20130130_01.jpg


この建物に移動して、各種書類に必要事項を記入します。
記入については見本がありますので落ち着いて書けば問題なく記入できるでしょう。
一点だけ注意しましょう!
OCR書類?に限り鉛筆での記入箇所があるので気をつけてください。

記入しましたら4番窓口(ユーザー車検窓口)に提出します。
ここで予約されているかの確認も行われます
書類不備がなければ、いよいよバイクの車体検査になります。
20130130_02.jpg

下記の書類が渡され、検査ラインを見学するよう勧められました。
前回のCBRの車検の時は見学はありませんでした。
20130130_04.jpg
見学理由は検査時に分かりました。

イケメンの背後の赤い屋根の建物が検査場です。
バイクの検査は1コースです。
建物手間の停止ラインでバイクを停めてヘルメットを取って、検査官が来るのを待ちます。
ヘルメットを取らないと検査官の指示が聞き取れません。
20130130_03.jpg
検査は次の通り。多分・・・
①ハンドルロック②左右方向指示器③ヘッドライト④ホーン⑤ブレーキランプ⑥マフラ構造確認(マフラー購入時に添付されている『自動車排出ガス試験結果証明書』を提示⑦マフラー音量

禁断の場内に入ります。

次の検査は⑧前後ブレーキ⑨メーター確認、少し前進して⑩排ガス検査、ここでバイクから降りて排ガスを計測する装置をバイクに差し込むよう検査官から指示がありました。
この作業が前回CBRの検査との相違点です。
少し経って電光掲示にOKと表示されたので検査用紙を判定機に挿入します。
合格の証である筆記体のXのような文字が印字されます。
この間、検査官は傍にいてやり方を説明してくれます。
傍で口頭説明するなら、やってくれればいいのにと。

最後は、鬼門の光軸検査です。光軸検査はハイビーム側で計測します。
ここも一発OK。
これで検査は終了し、出口中央のブースで総合判定の証?を頂き、その書類を先ほどの4番窓口に提出しますと、右隣の窓口より車検証とナンバープレートに貼るステッカーが受け渡されます。

所要時間は、手続きや書類作成が15分ほど、車体検査は10分くらいでした。

万が一、光軸検査で不合格となった場合は、車検場に隣接している整備工場で調整することになります。
20130130_06.jpg
検査に臨むにあたって、自分なりに整備は実施してます。
①ブレーキフルードの交換
②クラッチフルードの交換
③冷却水の交換
④エンジンオイル交換
⑤プラグ交換
⑥ブレーキ清掃
⑦エアークリーナー清掃
⑧油脂補充

そうそう『定期点検整備記録簿』を持参しましたが、誰も見てくれなかったなぁ・・・


CBRは車検時期は真夏でしたが、隼は真冬。
ユーザー車検をやるなら春か秋が時期的に良いですね。



1日1回クリックをお願いします!!
     ↓

テーマ:今日のブログ - ジャンル:ブログ