FC2ブログ
キーワードは、バイク、犬、飲みは日ノ出町。たまに新橋出没。
最近、バイク仲間とツーリングよりも飲み会が多くなってきたため『朝バイクは気持ち良い!!』改め『夜宴は楽しい!!』にするか迷ってます。
ナビに取り締まりデータを入れてみた(2020.05.17)
車には取り締まり用のレーダー探知機を取り付けましたが、バイクにはありません。
やはり、リスクから見ると車よりバイクですよね。


軍資金があれば悩むことはありませんが、いかんせん懐がサミシーので。


そこで!
ラクダ1号(コスミック・ブルー・メタリックのR1250GS)時代に頂いた第4世代の純正ナビに取り締まりポイントをセットしてみることに。





手順は次の通り。
①先ずは取り締まりデータを入手します。
②ガーミン社製の転送ソフトウエア「Poi loader」を使って、取り締まりポイントの手前、何百メールから警告を表示させるかを設定しつつ、データをSDカード上に転送します。
③ナビを起動して確認



で、詳しくは、
グーグルやヤフーで「ガーミンに転送、安全運転支援装置」とワードを入力すると引っかかります。



取り締まりデータはここにあります。
最新及び正確さについては??なところですが  ⇒ URL
20200523_55.jpg








実際に走って、取り締まりポイントが表示されるか確認します。


車に載せて実際に走ってみましょう!

近所の取り締まりポイントで、ナビの画面上部に「アラート:注意方向」と表示されました。同時に蚊の鳴くような声のアラート音も。
音量か!
20200523_011.jpg


更に357を南下します。途中、数か所アラート表示がありました。
20200523_012.jpg


正常に動作しているようです。
20200523_013.jpg

ただ、取り締まりポイントが多く登録されているため、かなりの頻度でアラート表示があるので、都会で使うには「ちょっとねぇ」となるかも。


やはり、レーダー探知機の取り締まりポイントデータが欲しい。



これで第4世代ナビで確認が取れました。
次はSDカードを第6世代のナビに移設して確認してみましょう。




イイネ!”の代わりにクリックをお願いします!!
     ↓



スポンサーサイト



テーマ:今日のブログ - ジャンル:ブログ